マニュアル

ホームページで大事なのは「ホームページを育てていくこと」です。

集客の方法は、大きく分けると3つしかありません。

1|お金をかけて集客:広告、チラシ

2|時間をかけて集客:記事更新(コンテンツマーケティング)

3|人に頼る集客:紹介、営業、人脈

長期的に、持続性のある集客していくには「2|時間をかけて集客」に取り組んでいくべきでしょう。お金をかける集客と違い、すぐに成果は出ません。ですが、正しく努力すれば、複利で顧客が増えていく可能性があります。

ここでは、そのためのホームページを育てる更新方法と、コンテンツを育てるポイントについてまとめました。ホームページの更新頻度が高いほど、検索エンジンでは評価されますので、ここでまとめている内容を踏まえ、できるだけ更新していただければと思います。最初は成果がでづらいのですが、続けていくほど、どんどん強くなっていきますので、末永く育てていただければ幸いです。

Elementerでの編集方法

ブログ記事以外のページ(固定ページ)は、ほぼ「Elementer」というビジュアルエディタで編集が可能です。ちょっとした文章の変更や、画像の差し替えでしたら簡単ですので、下記記事をご覧いただきながら、修正してください。

画像サイズの変更

上の画像のように、画像を選択して、左メニューの「スタイル」を選択いただくと、大きさを調整できます。

文字色の変更

上記画像のように、左メニューの「スタイル」のタブを選択すると、色が変更できます。

ワードプレスエディタの編集方法

ブログ記事は、長期的に考えると汎用性が高いため、ワードプレスの標準エディタを使用します。基礎的な使い方は下記の記事をご参考ください。

記事作成をより見やすくする見出しデザインプログラム

少し手間ですが、見出しデザインを読み込むプログラムを組み込んだので、任意で設置していただければと思います。

見出しを際立たせたいとき、デザインにメリハリをつけたいときに、使用してください。下記がサンプルになります。

見出しデザインサンプル


見出し2用 h2style

見出し3-4用 h3style

見出し3-4用 h4style


プログラムを読み込む方法は下記の通りです。

上記画像のように、デザインしたい見出しを選択し、右メニューの「高度な設定」の「追加CSS」に<h2style><h3style><h4style>と入れてください。

コンテンツマーケティングに効果的な更新方法

日々お忙しく、なかなか記事更新にばかり時間をかけられないと思いますので、知っておくだけで効果的にSEO対策ができるポイントをまとめてみました。

もし、競合がこれらを知らずにサイト運営していたら、日々実践するだけでも、勝ちやすくなるでしょう。逆に言えば、競合がすでに実践していて、御社が知らなかったら、危ないです。今すぐに取り組んで、なおかつコンテンツ力で上回ることを目指してください。

最短で上位検索を目指すために

コンテンツマーケティングで、長期的な集客を狙う場合にご注意いただきたいことがあります。

最短で上位検索を目指すなら、やみくもに、行き当たりばったりで記事を更新しないでください。もちろん、徒然なるままに書きたいのだ、という方針の場合は構いません。実際、続けていれば、まぐれ当たりがあることも珍しくないです。

下記では、戦略的に、ブログ更新で成果を上げるやり方をお伝えしますので、ご参考ください。

SEOライティングのコツ

SEOを意識した記事の書き方を知らなければ、検索結果で上位に表示されることはなく、なかなか自サイトの目的を達成できません。

上記とも被る内容もあるのですが、SEOを意識した書き方について解説しました。記事作成にじっくりと時間をかけたい方におすすめします。SEOライティングのコツを押さえて、集客数をさらにアップさせましょう。

分析ツール「ヒートマップ」の活用について

サービスで「Aurora heatmap」というプラグインを導入しています。無料のツールで、ユーザーがどこをクリック(スマホの場合はタップ)しているのかわかるので、参考になります。

上記画像のように、管理画面左メニュー「設定」>「Aurora Heatmap」を選択し、赤枠をクリックすると、プレビュー画面があらわれます。色が変わっているところがクリックされた場所です。ただし、自分たちが読み込んだ動作も含まれるのと、どこまで正確かどうか少し怪しいところもあるので、あくまで参考までにご覧ください。

ユーザーの導線がうまく機能しているか、などはおよそ掴めるので、当社では結構活用しています。なお、有料プランにすると、どこをじっくり読んでいて、どの段階で離脱したかもかります。月3000円前後なので、広告運用する場合は、かなり役に立つでしょう。

【参考】WEBマーケティングを効率よく学ぶ

実は、私には病気の弟がいます。先天性の脳の欠陥が原因で、統合失調症と診断されました。人間関係に苦しむ彼に向けて、私はメールを送りました。

WEBマーケティングを学ぶことをすすめたところ、それが彼を快方に向かわせているようです。知らない人とまともに話せなくても、週の半分は何のやる気が起こらなくて寝ていても、自分の強みを生かして、誰かの役に立つということが、わかるようになってきたんだそうです。それは、どのようなビジネスにおいても、事業を持続させるために重要な考えだと思います。マーケティングの使命は「必要な人に必要な価値をとどけること」。特に、日本国内のおよそ85%は、社員20名以下の小規模事業者(スモールビジネス)です。すべての経営者が学び、活用出来たら、社会はもっと活気づいて、日本は強くなれると信じています。

そのカギとなるWEBマーケティングの概要が3時間でかんたんに学べる無料セミナーを記事内で紹介してるので、ぜひご覧になってみてください。